STARTのご紹介


プログラミングCADCAM融合 2D/3Dソフトウエア [START] は、Windows環境で使用できる、電子デバイス製造に特化した日本国産オリジナルのデザイン・ツールです。

設計/編集/検査/製造/プログラミング/カスタマイズに関する機能を1つにまとめて装備したオールインワン・ソフトウエアで、より高いコストパフォーマンスを生み出す事ができます。


STARTの略歴


販売以来、機能拡張による上位機種へのライセンスの買換えはありません。
保守契約継続で、上位機種へのバージョンアップを対応しています。

年4回以上の本体バージョンアップに加え、ユーザー別SeFカスタムプログラムによるスポットリリースを随時実行しています。
  • 1991年:プリント基板設計CAD,UNIX版をリリース
  • 1997年:業界初!Windows NT版をリリース
  • 1999年:業界初!CAD/CAM融合をリリース
  • 2004年:セル構造に対応の「START」(ver3)をリリース開始
  • 2006年:海外展開に向け日本語/英語バイリンガル対応
  • 2009年:国家プロジェクトで設計用ツールとして採用
  • 2011年:産学官連協の橋渡しツールとして採用
  • 2013年:光エレクトロニクスの設計用ツールとして採用
  • 2014年:次世代電子デバイスのヘトロジー二アス構造対応のリニューアル版 Ver4 をリリース
  • 2015年:プログラミング・デザインツールとして専用プログラミング言語SeFリリース
  • 2018年:DEMITASNXダイレクトインターフェースをリリース
  • 2019年:新バージョン5の先行トライアル版の案内を開始

国家プロジェクトの実績

  • ドリームチップ・プロジェクト
  • LTE級RFICの低ノイズ化技術の研究
  • 超低損失SiCパワーデバイスの開発
  • 超低消費電力型光エレクトロニクス技術開発

  • など

主な仕様


STARTは、Windows環境で使用できる、オールインワンのCAD/CAM融合ソフトウエアです。
年間を通じて複数回バージョンアップを行っています。
  • OS:Windows 環境に準拠
  • 実行ファイル:約60MBの軽量サイズ
  • メニュー表示:日本語/英語/中国語/韓国語モードのコマンド切替
  • データ精度:1nm(0.000001mm)
  • 作業エリア:□2000m(2km)
  • データベース:ASCIIで全公開 SSFフォーマット(START STACK FORMAT)
  • カスタマイズ環境:専用プログラム言語 SeFフォーマット(START execute FORMAT)
  • 複数データの起動:1PCで複数データの同時立上げ可能
  • インターフェース:DXF/274D/274X/BMP/GDSⅡ/ODB++/ANF/XFL/SPD/DSN/AIF/IDF/IGES/STL